行動することが家族・親族への思いやり



  岡山県遺言相続ネットワーク

   ●行政書士・税理士・司法書士などの
      専門家によるネットワークで
   ●遺言・相続を総合的にサポート
   ●岡山県全県対応

086-803-3790

中井行政書士事務所



−遺言・相続のご相談−

相談料 1時間5000円

 相談のお申し込みは、お電話か
 メールでお願いします。(相談は
 面会相談となります)

 出張相談も承ります。(別途交通
 費・日当を頂戴いたします。)

中井行政書士事務所

TEL 086−803−3790
mail

岡山市北区富田508番地6

事務所周辺地図



Vision岡山
6月21日号

 岡山県遺言相続ネットワークが、
 Vision岡山(6月21日号)で紹介
 されました。

紹介記事 networkkiji.pdf



岡山県遺言相続ネットワーク

 ●遺言書・遺産分割協議書の
 作成など

行政書士
    中井 篤


行政書士
   三輪 和也


 ●相続税・生前贈与など

税理士
   村上 心理


 ●相続に関する不動産の名義
 変更など

司法書士
  菱川 由紀子


 ●遺族年金の手続きなど

社会保険労務士
   川上 陽子




遺言−ゆいごん−

遺言(いごん・ゆいごん)とは

なぜ遺言が必要なの?

遺言書の種類(遺言の方式)

どういう場合に遺言が必要か

遺言するときに知っておきたい知識
-遺留分-

遺言で決められること

遺言執行者とは

遺言の取消し


相続−そうぞく−

相続とは

相続の流れ

誰がどのくらい相続するのか?
(法定相続)

遺産分割のあらまし

相続-こんなときはどうなる?-

相続人の権利-遺留分-

甥や姪、孫でも相続できることが
あります(代襲相続)

単純承認について

限定承認について

相続放棄について

相続人になれない場合(相続欠格)

相続させない場合(相続廃除)

相続人がいない場合は?



遺言相続ネットワークブログ

  遺言書の作り方や相続の手続、
 不動産の名義変更や相続に関す
 る税の知識、遺族年金、相続資
 金対策、さらに関連情報など、
 ネットワークメンバーがそれぞれ
 の専門分野を担当し、わかりや
 すく丁寧に解説しています。

遺言相続ネットワークブログ



携帯版遺言相続ブログ

  遺言相続ネットワークブログは、
 携帯にも対応しています。
  携帯版ブログへは、QRコードを
 読み取ってアクセスしてください。





−遺言・相続のご相談−

相談料 1時間5000円

 相談のお申し込みは、お電話か
 メールでお願いします。(相談は
 面会相談となります)

 出張相談も承ります。(別途交通
 費・日当を頂戴いたします。)

中井行政書士事務所

TEL 086−803−3790
mail

岡山市北区富田508番地6

事務所周辺地図


岡山県遺言相続ネットワークとは



 岡山県遺言相続ネットワークは、行政書士・税理士・司法書士などの専門家
がチームを組んで、それぞれの専門知識を集約することにより、遺言や相続
を総合的にサポートします。(遺言書の作成、相続(相続税)対策、事業承継
(事業の引継ぎ)、遺産分割協議書の作成、相続による土地建物の名義変
更、相続税の申告など)

 また、遺言相続の手続きだけでなく、「人が亡くなる時」のお手伝いという大
きなくくりで生命保険や遺族年金の手続きなどもサポートします。


行動することが家族・親族への思いやり

 「遺言」や「相続」といったことについては、縁起でもないと気が引けたり他の
関係者の目が気になったりして、あまり早めに動くことや、周りから動くことを
勧めることが、あまりよくないことのような気がしてしまうかもしれませんが、何
の準備も心構えもないままにその時を迎えてしまうことの方が、よほどよくない
事態を招く可能性が高くなります。

 というのは、通常は遺言などで相続の準備をするのは財産が多い人で、少
ない人には関係ないと考えがちですが、実は相続の準備を早めにする意味は
他にもあり、これがスムーズに相続(財産だけでなく、意志や暖簾なども含め
て)する上で重要なのです。

 相続の準備を早めにする意味としては、まず財産や負債を洗い出すというこ
とがあります。自分の財産や自分の負債を完全に把握している人というのは
自分であって、必ずしも家族であってもすべて把握できているとは限らないの
で、いざという時に相続する人たちがキチンとすべての財産を把握し引き継ぐ
ためには、あらかじめ遺言などの形で一覧を作っておく必要があります。

 これは財産の額に関係なくすべての人に大切なことです。これをしておかな
いと、相続する人たちが困ることになります。

 その他にも、早めに準備し、あらかじめ相続の道筋をつけておくことで、相続
人が相続税が払えないとか、事業をスムーズに引き継げない、相続人同士が
争うといった事態を防ぐという意味もあります。

 ですから、遺言や相続については行動することが家族への思いやりであり、
また行動することを勧めることも、キチンと財産や意志、暖簾などを引き継ぐ
ための準備であり、家族親族すべての安心のために大切なことです。


岡山県全域に対応します

 岡山県遺言相続ネットワークは、メンバーのネットワークで岡山県全域から
のご相談やご依頼に対応しています。

 ご相談は事務所へお越し頂くほか、出張相談も承っています。相談料は、1
時間5000円(左記ネットワーク参加事務所一律料金)(出張相談の場合は、
別途交通費・日当を頂戴いたします)となります。

 まずは、お電話かメールでお問合せ、お申し込みください。

    中井行政書士事務所

    п@086-803-3790  mail


遺言相続ネットワーク運営ブログ

 岡山県遺言相続ネットワークブログは、遺言・相続の知識や手続きについて
情報提供しています。

 遺言書の作り方や相続の手続き、不動産の名義変更や相続に関する税の
知識、さらに関連情報など、ネットワークメンバーがそれぞれの専門分野を担
当し、わかりやすく丁寧に解説しています。随時更新中。




遺言書の作り方

 法律(民法)で定められた普通の場合の遺言の作り方(方式)としては、自筆
証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言の3つがあります。このうち一般的に
利用されているのは自筆証書遺言と公正証書遺言のふたつです。
 遺言の効力を発生させるためには、法律に定められた方式に従って作らな
ければなりません。

 −自筆証書遺言−
 「自筆」の名のとおり、遺言する人(遺言者)が遺言書の全文を自筆すること
によって作成する遺言です。また、日付の記載(これも自筆)と署名押印が必
要となります。
 自筆であることが必要ですので、パソコン等で作成したものや、代書、音声
で録音したものは日付の記載や署名押印があったとしても無効です。

 −公正証書遺言−
 公証役場で作成してもらう方式の遺言です。遺言する人(遺言者)が伝えた
内容をもとに、公証人が公正証書という形で作成し、遺言者が署名押印しま
す。作成された証書の原本は公証役場に保管されますので、紛失などの心配
はありません。
 尚、公正証書遺言をするためには、証人2名の立会いが必要です。証人は
未成年者以外ならなれますが、相続人(推定相続人)など遺言の内容につい
て利害関係のある人は証人になることができません。

 手軽なのは自筆証書遺言ですが、保管が確実で紛失や偽造などの心配が
なく、遺言の存在が証明できる公正証書遺言が安心でおすすめです。


公正証書遺言作成サポート

 遺言相続ネットワークでは、公正証書遺言作成サポートを行っています。遺
言の原案(内容)を作成だけでなく、公証役場との打ち合わせも代行しますの
で、誰に何を相続させるかを考えて頂けたら結構です。


−公正証書遺言作成サポート料金表−

 相続させる財産の総額  サポート料金
 1000万円未満  30000円〜
 1000万円以上5000万円未満  40000円〜
 5000万円以上1億円未満  50000円〜
 1億円以上  80000円〜


 証人(公証役場での立会い)費用  1人15000円


 ※1 料金額は相続させる財産の種類や相続人の数によって決定します。
 ※2 公正証書遺言作成のための公正役場手数料が別途必要となります。
 ※3 証人をご自身で手配される場合は証人費用は必要ありません。
 ※4 相続財産調査・相続人調査が必要な場合は別途お申込みください。 
    (料金別途)



(※2)公証役場の手数料(公証人手数料令より抜粋)

 目的の価額(相続させる財産の総額)   手数料
 100万円以下のもの   5000円
 100万円を超え200万円以下のもの   7000円
 200万円を超え500万円以下のもの  11000円
 500万円を超え1000万円以下のもの  17000円
 1000万円を超え3000万円以下のもの  23000円
 3000万円を超え5000万円以下のもの  29000円
 5000万円を超え1億円以下のもの  43000円
 1億円を超えるものについては、超過額5000万円までごとに、
 3億円までは13000円、10億円までは11000円、10億円を
 超えるものは8000円を43000円に加算

 相続及び遺贈を受けるも者が2名以上ある場合、各相続人及び
 受遺者ごとに、その目的の価額(その人が受け取る利益の総
 額)によって手数料を算出し、それを合算した額
 目的の価額が1億円以下の場合は、11000円加算
                                    (以上抜粋)

 (手数料の例)

 例1 300万円を1人に相続させる場合は、上記の表の11000円に、1億
    円以下ですので11000円を加算して、22000円となります。
 例2 3000万円を2人にそれぞれ1000万円と2000万円相続させる場合
    は、上記の表により、1000万円の17000円と2000万円の23000
    円の合計40000円に、さらに1億円以下ですので11000円を加算し
    て、51000円となります。
 例3 1億8000万円を1人に相続させる場合は、43000円に1億円を超え
    るものについての超過額26000円を加算して、69000円となります。

  (※ 上記の手数料には謄本作成手数料は含まれていません。)



−公正証書遺言作成のための必要書類−

 ・遺言する方(遺言者)の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
 ・遺言者と相続人との続柄がわかる戸籍謄本
 ・財産を相続人以外の方に遺贈するときは、遺贈を受ける方の住民票
 ・相続させる財産に不動産が含まれる場合は、その土地・建物の登記簿
  謄本と固定資産評価証明書

  (※ 上記以外の書類が必要な場合があります。)





(C)中井行政書士事務所/岡山県遺言相続ネットワーク 2009-2014
許可なく本文の一部または全文を複製・転載することを禁じます。



TOP