平成26年10月、岡山市北区富田508番地6に事務所を移転しました。電話番号(086-803-3790)は変更ありません。

TOP
中井事務所のご案内
ご相談はこちらから
事業承継とは
親族への事業承継
役員・従業員への事業承継












ご相談、お問合わせは、
随時承っています。
まずは、お電話かメールで、
お気軽にご連絡ください。
 
中井行政書士事務所

TEL 086-803-3790
メール

※メールでのお問合せの場合は、
住所氏名の記載をお願いします。

詳しくはこちらもご覧下さい。



 会社の経営・運営アドバイザー
         行政書士 中井篤



 岡山県行政書士会所属
      登録 第02333851号
 岡山県中小企業支援センター
            登録専門家
 岡山県商工会連合会
  エキスパートバンク登録専門家
 BIO(ビジネスインキュベーター岡山)
  起業支援コーディネーター

 中井行政書士事務所
 〒700−0936
 岡山市北区富田508番地6
 (日赤病院から西へ500m)
 TEL 086−803−3790
 FAX 086−803−3791
e-mail (←こちらをクリック)

       事務所周辺地図







  お客様の声

  リンク





  役員変更

  ≫商号変更


  ≫本店移転


        株式会社への変更







 事業承継のはじめ方


 事業承継には、親族への承継、役員や従業員への承継、外部への承継と
いう方法がありますが、どの方法をとるにしても、事業承継はじめるためにま
ずしなければいけないことは共通しています。

 事業承継の手順は、大きく分けるとふたつの段階があります。

 @事業承継計画の立案・作成

 A計画に基づいた具体的な対策の実行

 簡単に言うと、計画と実行ということになります。事業承継というのは、会社
の経営、会社の未来に関わる重大な事柄ですし、それなりに時間をかけて進
めていく作業ですから、やみくもに動き出すということではなく、キチンと方向性
を定めた上で、着実にそこに向かって準備を進めていくことが重要です。

 そういう意味で、計画というのは非常に重要です。

 ということで、次に、@事業承継計画の立案・作成の方法について詳しく見て
いきます。

1、現状の把握
 まずは、会社の現状を把握することです。
 具体的には、会社の資産や負債といった財務状態、株主構成や自社株式
の評価、現在の経営者の個人の資産や負債を改めて把握するとともに、後継
者の候補の有無や候補が複数いる場合には、それぞれの意欲や適性につい
ても状況を把握します。

2、後継者と承継の方法の確定
 「1、現状の把握」で検討した後継候補者の意欲や適性の評価をもとにして
後継者を決定します。決定した候補者が誰であるかによって、承継の方法が
「親族への承継」、「役員や従業員への承継」、「外部への承継」のどれかが決
まります。

3、計画書の作成
 後継者と承継の方法が決まったら、それを実現するための計画を立案・作
成します。

 作成のポイントですが、まずは、いつ(までに)承継を実行するのかを決める
こと(スケジュール)が重要です。いつまでかかってもいいという問題ではあり
ませんので、期限を決めて準備を進めなければなりません。

 もうひとつは、会社の経営計画とともに事業承継計画を立てるということで
す。事業の承継というのは、会社を長く存続させる為に行う訳ですから、会社
の経営上の大きな課題です。ですからそれを経営と切り離して考えるのでは
なく、経営計画の一部として考えましょう。

 また、親族への承継の場合は相続対策、役員や従業員への承継の場合は
株式取得資金対策など、承継の方法によってそれぞれ解決すべき課題や問
題がありますので、その対策についても十分検討して計画書に盛り込みま
す。


 このようにして、事業承継計画の立案・作成ができたら、いよいよA対策の
実行という流れになります。




ご相談・お問い合わせはこちらから

ご相談のお申込みやお問い合わせは、
随時承っています。
まずは、お電話かメールでお気軽にご連絡下さい。

TEL 086−803−3790
メール(←ここをクリック)

メールをご利用の場合は、
住所氏名の記載をお願いします。

※住所氏名の記載がないメールには、
お答えできない場合があります。

詳しくは、こちらもご覧ください。


面会相談

1回(1時間程度) 3000円

 ※面会相談は土曜日も行っています。

 ※ご相談後にご依頼を頂いた場合は、
 相談料は依頼料の一部に充てられます。




事業承継のはじめ方 -岡山 中井行政書士事務所-


戻る
戻る